西荻窪南口きりん堂鍼灸接骨院・整体院|肩こり・腰痛の整体なら当院へ

西荻窪南口きりん堂鍼灸接骨院・整体院
各種保険取扱い交通事故対応
診療時間



西荻窪駅徒歩3分 予


骨盤矯正・産後ケア

骨盤のゆがみチェックリスト

産後ケア

  • 産後から腰痛がある
  • O脚が気になっている
  • 足をよく組む癖がある
  • 立っているときに右足・左足に体重をのせる
  • 猫背が気になる
  • 昔から腰や肩・膝が痛い
  • 生理不順や冷え性がある
  • 最近便秘がち・・・

 

一つでも✔がつく方は骨盤がゆがんでいる可能性があります。

 

二つ以上チェックがつく方は特に注意が必要です!

 

 西荻窪で骨盤矯正をしたいとお考えの方は、西荻窪きりん堂接骨院/整体院に一度ご相談ください!

 

産後の骨盤矯正はなぜ必要?

 

なぜ産後の骨盤矯正が必要なのかと言うと、

 

産後は骨盤が一番整いやすいからです。

 

産後になぜ骨盤が歪みやすいかというと、出産する時に骨盤の一部である恥骨が開いて出産し、その後その開いた骨盤というのは徐々に恥骨が閉じてきます。

 

その時に骨盤と骨盤をつなぐ腹横筋という筋肉があるんですが、この腹横筋という筋肉は出産前後はほとんど働かないのです。

 

これはおなかの中に赤ちゃんがいるのでどうしても反り腰になってしまいます。

 

そうするとお腹の中にある腹横筋というインナーマッスルが働かないのです。

 

腹横筋というのは天然のコルセットと言われていて、骨盤の歪みを防止したり整えてくれる筋肉ですので、腹横筋が働かない妊娠中という妊娠後期というのは骨盤がどうしても歪んでしまいます。

 

これが出産してお腹がへこんだ後すぐ筋肉が働けばいいのですが、ずっと使ってなかった筋肉はちゃんと治療しないと上手く働いてくれません。

 

特に反り腰骨盤の前傾を改善していくことによってこの天然のコルセットと言われる腹横筋がまた働き始めてくれます。

 

それにより産後の肩こりや腰痛そして便秘など様々な不調が改善されるのです。

 

むくみや産後太り太ももが産後に太くなったなど産後の悩みというのはほとんどがこの骨盤の歪み、そして腹横筋が働かないことにあります。

 

産後の骨盤矯正はいつからできる?

 

産後の骨盤矯正をいつした方がいいのかというタイミングとしては、大体3か月から4か月以内にしたほうがいいと言われています。

 

それはなぜかと言うとリラキシンと言われる人体を収縮させるホルモンが3ヶ月から4ヶ月後ぐらいから出てきてこのホルモンの作用によって骨盤が締まってきますが、骨盤が歪んだままになっていると歪んだまま骨盤が締まっていて頑固な骨盤の歪みが完成されてしまいます。

 

骨盤が歪んだままになっていると内蔵てのが骨盤の中に入っているので内臓の不調や骨盤と繋がっている腰骨そしてその上の方に来て首肩の歪みから首肩こりそして頭痛などの原因にもなってきます。

 

ですので産後3ヶ月から4ヶ月までに骨盤を整えることによって全体の始まりって言うのも間に合い骨盤を安定させることができます。

 

そうすると体が動きやすくなり快適に育児や家事をすることができます。

 

逆に産後の骨盤矯正はいつからできるかと言うと出血が治まって痛みが落ち着いてからです。ただ個人差があるのでかかりつけの医師と相談しながら産後の骨盤矯正を開始してください。

 

目安として大体1ヶ月後ぐらいから産後の骨盤矯正をすることができる人が多いです。

 

当院の骨盤矯正

骨盤矯正

歪みを整えるだけだと再度歪みが生じてしまうので、インナーマッスルと言われる腹横筋を鍛えることで、骨盤の歪みを整える。

 

さらに腹横筋と言われるインナーマッスルを鍛えることによってまた歪まない身体、そして産後太りやむくみがない快適な毎日を送ることができるように治療していきます!

 

それにより家事や育児も楽にすることができるようになります。

 

【産後骨盤矯正についての動画解説】

院内風景

骨盤矯正・産後ケア:関連記事

03-6454-709003-6454-7090
TOP